Event is FINISHED

<1/15締切>福岡アジア アートウィーク the finders 2019
写真展@福岡市科学館 公募企画募集ページ

Description

公募写真展@福岡市科学館の作品を募集!あなたも作品を応募してみませんか?


プロ・アマを問わず、「"24hours in Heisei" /平成時代の 24 時間」をテーマに作品を募集いたします。 写真部門、動画部門、それぞれの入賞者は、福岡市科学館企画展示室にて作品が展示されます。


■作品募集要項


[ 写真部門 ]・[ 動画部門 ]

資格
プロ・アマ問わず

テーマ
"24hours in Heisei" 平成時代の 24 時間
①宇宙
②自然
③ひと
テーマを複数兼ねての応募可能 合わせて一人 3 点迄
* 写真 / 動画 応募部門の重複は不可

形式 / サイズ :

・写真部門


デジタルのみ。カラー モノクロ 可。
JPG 形式、長辺 2000px 以上。データサイズ 10MB 以内

・動画部門

mp4 形式、720p 以上。
1 分内・データサイズ 50MB 以内

作品タイトル :

各作品に 30 字以内のタイトルを作成してください。
任意で 100 字以内の作品解説の送付も可

賞 : 優秀賞
写真部門 20 名 / 動画部門 3 名
2 月開催の、「the finders 2019」にて出展 ( 福岡市科学館 企画展示室 6 日間 )

応募締切 / 発表 :

1 月 15 日 ( 火 ) まで、2 月初旬発表 ( メールに直接通知 ) 予定

応募先 :
上のメールアドレスに、以下を記載、添付し送付ください。
entry@finders2019.com

・お名前
・メールアドレス
・出身地もしくは現在お住いの市町村
・応募部門
・作品データ
・作品タイトル ( メールに直接記載か、ファイルを添付ください )
・CV( 履歴書 . プロフィール ) もしくは自身の web サイトなど ( 任意 )

審査員 :


審査委員長
●写真家 ハービー山口氏

審査委員
●池谷修一氏 (アサヒカメラ編集部)
●南原尚幸氏 (蔦屋六本松館長 )
●the finders2019実行委員会
●石渡健文氏 (マガジンハウス取締役 ポパイ、カーサ ブルータス発行人) 他


▶ハービー・山口氏 プロフィール
大学を卒業後渡英し、ボーイ・ジョージ他多数のロンドンのミュージシャンと交流を持ち、帰国後はBOØWYや中山美穂、桑田佳祐などのCDジャケットを手がけたり、ラジオDJやエッセイを出版もした。たくさんの音楽家に慕われ、音楽アーティストの写真集の撮影を担当。
http://www.herbie-yamaguchi.com/



福岡アジア アートウィーク the finders 2019について


福岡アジア アートウィーク the finders 2019 は、福岡がアジアの文化芸術のハブとして機能し、アジアのアート・音楽 ・カルチャー、エンターテイメントを日本と世界に発信するニュータイプの官民一体型、次世代アーティスト創出のイベントプログラムです。

本イベントは、アートや音楽になじみのない市民の皆様にも興味を持っていただけるよう、福岡市科学館、福岡アジア美術館、六本松蔦屋書店などの福岡市内各所パブリックスペースをメイン会場に開催いたします。

日本国内はもちろん、タイ、台湾、 中国からもアーティストを招聘し、国内外のアーティストとの共同エキシビション、パフォーマンス、レクチャーなどを企画しており、福岡から世界へ発信できるイベントを目指しています。

■イベント概要

日程:2019年2月23日(土)〜3月2日(土)

場所:福岡市科学館、福岡アジア美術館、六本松蔦屋書店 など

内容
・レクチャー 石渡健文氏 (マガジンハウス取締役/ポパイ、カーサブルータス発行人) 他
・アート展示 ハービー・山口 個展 他
・ライブ the perfect me 他
など

チケット:一部有料エリアあり
詳細・申込み:https://fukuoka-thefinder2019-entry.peatix.com
*随時イベント情報を更新いたします

主催:
クリエイティブ・ラボ・フクオカ
ミリア株式会社

企画制作・PRパートナー:Peatix Japan株式会社

ヒットメイクやスターメイクに実績のあるメンターや、若手仕掛け人が福岡で多数のレクチャーを開催。エキシビションや音楽ライブも同時開催



これまでも、福岡は数々のスターやヒーローを世の中に送り出してきました。本イベントは、経済や観光で注目を集める福岡が、いま一度、日本とアジア、世界に文化・芸術を発信するための試みです。イベントを通して、様々なエンターテインメント・クリエイティヴ人材が交流し、福岡のエンターテイメント業界の盛り上がりや、新しいアーティストの発掘につながることを目的としています。


■イベントプログラム詳細 *内容は変更になる場合があります

Lecture


●ハービー・山口 (写真家)
「写真と心のサイエンス」

●山口一樹 (前ユニバーサルミュージック制作部長 <椎名林檎、RADWIMPSプロデューサー>) × 冨田恭通 (前エイベックス プロデューサー 浜崎あゆみ担当)
「椎名林檎と浜崎あゆみ、スターメイクの臨床学」

●福島龍太郎 (音楽コンシェルジュ) × 小宮大輔 (coconofest 主宰)「Spotifyが見通す音楽、音楽フェスの発明学」


●石渡健文 ( マガジンハウス取締役/ポパイ、カーサ ブルータス発行人 )
「『雑誌×ファッション×アート』を科学する」

etc.

ART EXHIBITION

●ハービー・山口 @六本松蔦屋書店
●写真展 “平成時代の24時間” @福岡市科学館
●福岡、九州、アジアの若手作家によるグループ展示 @福岡アジア美術館
●fan zine (カルチャー 同人誌)の展示 @福岡アジア美術館

etc.

MUSIC

●the perfect me (2018年 アジアンピックス優勝、2019年サウス・バイ・サウスウエスト招聘)

etc.


公募作品展についてのお問い合わせはこちらから
entry@finders2019.com


Dec 15 - Jan 15, 2019
[ Sat ] - [ Tue ]
12:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Venue Address
福岡市中央区 六本松4丁目2−1 Japan
Organizer
福岡アジア アートウィーク the finders 2019
45 Followers